• べっぴんハイスクール DX
  • アトリエ
  • AMAN CROSS

リアルタイム速報リアルタイム速報

もっと見る

店舗一覧店舗一覧

もっと見る

雄琴の観光、風俗事情について

滋賀県大津市の琵琶湖西岸に雄琴温泉があります。温泉街から500m離れた所に「雄琴」のソープ街が存在します。雄琴ソープ街の面積は約30万平方メートルであり、甲子園の面積は約38,500平方メートル。甲子園が7個入るほどの広大な土地に約30店舗が立ち並んでいます。
国道161号線・大正寺川・琵琶湖に囲まれていて、国道から「川筋通り」、「ゴールデンゲート」、「シルクロード」の3つの通りが存在し中に入る事ができます。川筋通りだけは最終行き止まりになっていので気をつけていただきたい。営業のタイプは大きく分けて3タイプ、高級店・中級店・大衆店ある。この3タイプは入浴料や入浴時間、コースなどに違いがあり、高級店は45,000円くらいからで、中級店は22,000円から、大衆店は11,000円からとなっています。 プレイ時間は中級店と大衆店が45分くらいからで、高級店は90分以上の長いコースが基本となっています。雄琴の知名度に反して歴史はわりに浅い。1971年に第一号店「花影」が誕生したのが始まりである。「花影」はオープン初日から客があふれかえり、午後3時から午前2時までに200人が来店。100人は満員で帰宅を余儀なくされたという。ちなみに、当時15人の嬢で1人あたり13人の客の相手をしたことになります。そしてオープンから数ヶ月この状態が続いたという。雄琴の評判に裏付けされたのは、関東から呼び寄せられた嬢たちのサービス力だった。技の堀之内と呼ばれている堀之内の嬢が今の「泡踊り」を考案したと言われています。
雄琴へ来られた際にはアンダーナビをチェックしてみてください!

日本の風俗街探訪

  • 福原
  • 城東町
  • 道後
  • 徳島
  • 薬研掘・流川
  • 和歌山特集
  • 吉原
  • 兎我野