お店TOPへ

(株)メリーチョコレートカムパニー

2018/02/14 19:06:20

(株)メリーチョコレートカムパニー







バレンタインといえば。。?




チョコといえば。。。??








(・Д・)





(株)メリーチョコレートカムパニー(メリーチョコレート メリー)さんの社名の 由来について調べてみた





前と後ろに”会社”をつけた熱い理由とは


★ 日本のバレンタインチョコの草分け「メリーチョコレートカムパニー」の創業者・原 賢太郎氏

★ 昭和27年ー彼が東京・代官山の法務局で現社名の登録申請をしたとき、係官は「『株式会社メリーチョコレートカムパニー』では、前と後ろに”会社”がつくのでおかしい.”カムパニー”を削除してはどうか?」といった

★ しかし、普段は温厚な人柄の原氏が珍しく強い口調で「この社名には私の半生の想いが込められているので、変えるつもりはない」 と押し通したという






★ 原氏は26歳で神戸モロゾフ製菓の創業社員に採用され、洋菓子づくりと販売の経験を積んだ









★ ところが第二次世界大戦で菓子づくりができなくなったモロゾフは、戦後になっても営業再開の目処が立たず、原氏は知人の勧めもあって「USチョコレート研究所」を設立 し、自ら本物のチョコレートづくりに乗り出していった

★ ところが当時人気があったのは、ブドウ糖に着色をした安価な代用チョコレート



★ 原氏のつくる高価な本格チョコレートは大衆にはなかなか受け入れられず、経営はたちまちひっ迫し、会社は倒産の危機に瀕し、原氏は一家心中の覚悟までしたという。。

★ しかし妻に励まされ昭和25年、再起を誓う 二人の知人が資金援助を申し出たことも原氏を勇気づけたという





★ こうして知人と3人で新たに設立した会社が2年後に法人登録できるまでに成長した






ちなみに?

社名に冠された「メリー」の由来 は、当時の人気女優メリー・ピックフォードや童謡「メリーさんの羊」の歌など日本人にとって最も馴染みのある米国人女性の名前だったから



↑メリーピックフォード

他に3文字で覚えやすく、チョコレートのイメージの米国を連想させる等の理由から採用

そして「カムパニー」 は再起してようやく”会社”へと成長させることができたという原氏の万感の想いと、その言葉の響きに、若き日に夢見て果たせなかった海外渡航への憧れとロマンを込めたものだった といわれている.。oO











今夜もいい空気吸ってね?

コメントの投稿

yasuragi

出勤予定表

05月21日(月) 05月22日(火) 05月23日(水)
--- --- ---

最新日記

カレンダー

<< 2018年05月 >>

アーカイブ