風俗紀行

ソープって本番あり?違法性や値段など解説

ソープは、風俗の中でも唯一本番が許されています。

エッチまでしたいならソープへ行けばいいのですが、
「ソープだけなんで本番OKなのか」気になったことはありませんか?
デリヘルや箱ヘルなどの風俗では本番NGなのに、なぜソープでは本番が許されているのか。その理由を解説します。

目次

ソープは本番あり


ソープは本番あり?

デリヘルや箱ヘル、オナクラなどのあらゆる風俗の中で本番ができるのはソープのみです。

ソープは表向き「本番OK」と書いてはいませんが、「本番までセットでソープ」という認識が一般的です。
ではその理由について書いていきましょう。

ソープは本番ができるのはなぜ?

①風俗店ではないから

ソープランド(ソープ)は、風営法上、本番をする場所ではなく、あくまでも個室についている風呂で、ソープ嬢に体を洗ってもらうだけの施設なのです。

「僕らは
あくまでも風呂目当てでソープへ行き、お店の女の子と恋愛をしただけだ」という無茶な建前によってソープの本番が許されているのです。

一方、デリヘルやホテヘルなど、ソープ以外の風俗は風俗営業ではお金をもらって本番することは「売春禁止法」でNGなのです。

つまり
  • デリヘルや箱ヘル:風俗店で本番NG
  • ソープ:個室付きの風呂屋で自由恋愛の建前の元で本番OK
と覚えておきましょう。

②サービス料金が別途発生する

ソープの場合は入浴料サービス料とがあり、2回に分けて払うのが基本です。

デリヘルやホテヘルなどの普通の風俗では別途サービス料が発生しないのに、
なぜソープは入浴料の他に別途でサービス料がかかるのか。
それはソープランドのシステムにあります。

ソープにおける
入浴料とは「風呂に入る」ことに対して払う料金のことです。

普通に温泉やサウナで払う「入浴料」とほぼ同じです。

ソープランドはあくまでも女の子に部屋を貸しているだけで、そこにお風呂に入りに客がやってきます。

そして客は入浴の手伝いをしてくれた女の子に、お手伝いに対するチップ(サービス料)を支払うという形になっています。

なので、ソープでは入浴料は書かれていても、サービス料は記載されていません。

何度も言いますが、あくまでも入浴のお手伝いをしてくれた女の子への心づけなので、建前上女の子へ払うチップ代を表記することができないのです(売春あっせんなどになってしまうため)。

ソープのサービス料を調べる方法

「でも、それだと、女の子にいくらサービス料を払ったらいいか分からないよ」となりますよね。
サービス料が知りたい場合は店に電話すれば、いくら払えばいいのか教えてくれます。また初めてのソープなら入浴料とサービス料を合算した「総額」を聞くのが確実です。

ソープの本番は本当に違法ではないのか?

ソープの本番は違法ではないのか?というと、ソープランドは「特殊浴場」「風呂屋」という建前で営業をしているため、法的には本番をしてもセーフです。

ソープでの本番は、あくまでソープ嬢が勝手にやっているだけで、「ソープランドとして本番を認めている」わけではないのです。

しかし、実際のところはかなりグレーゾーンなところになります。

何度も言いますが、
あくまでもソープは風呂場を貸しているだけであって、エッチなサービスはしていない、本番はNGということを表しています。お店もお客もソープのシステムを知った上で利用しているわけです。

ソープの本番プレイの値段(地域別)

ソープランドは全国にありますが、その中でも有名なソープエリアを表にまとめました。
地域 料金相場(60分あたり)
吉原(東京) 21,000~30,000円
堀ノ内(神奈川) 14,000~30,000円
すすきの(北海道) 23,000円
宇都宮(群馬) 24,000円
沼津(静岡) 20,000~23,000円
薬研堀・流川(広島) 14,000~ 23,000円
大津・雄琴(滋賀) 24,000円
福原(神戸) 19,000~20,000円
金津園(岐阜) 25,000~28,000円
中洲(福岡) 25,000円
辻(沖縄) 21,000~36,000円
各地域のソープの相場をさらに詳しく見てみましょう。

吉原(東京)

店のランク プレイ時間 相場(総額)
格安店 40~60分 約10,000~20,000円台
大衆店 90分程度 約30,000~40,000円台
高級店 120分 60,000~80,000円

ソープといえば、東京三ノ輪にある吉原が有名です。
吉原はソープ店の数も多いので、料金相場やプレイ時間が異なります。

堀之内・南町(神奈川)

吉原と同じく、関東で大きなソープエリアです。

大衆店~高級店まであり、大衆店と中級店は60分15,000~25,000円程度で遊べます。

ちなみに高級店なら110分で総額60,000~70,000円です。40分台で遊べる激安な店などもありますが、吉原と同じく店が多すぎるので、自分が遊びたい時間とお財布とで相談して店を選ぶのが賢い遊び方といえます。

すすきの(北海道)

店のランク プレイ時間 相場(総額)
大衆店  70~90分 15,000~21,000円
中級店 18,000~23,000円
高級店 22,000~28,000円

一応、すすきのも店はランク分けされていますが、プレイ時間も総額もそこまで違いはありませんでした。

宇都宮(群馬)

群馬県のソープランドは数が限られていますが、平均でプレイ時間80分26,000~30,000円です。

また宇都宮のソープはオプションでゴム無しでOKなソープ店があります。

オプション代などの詳細な値段をホームページに載せていない店舗が多いですが、平均で5,000~7,000円程度。ゴム無しサービスのオプションを入れても40,000円程度でプレイできるなら安いのではないでしょうか。

沼津(静岡)

静岡の沼津にあるソープランドは、どの店も基本コースが60分で平均の総額が20,000~23,000円程度です。

店によっては45分や120分といったコースもありますが、それでも総額で25,000~35,000円台です。

薬研堀・流川(広島)

激安店~高級店まであるソープエリアですが、プレイ時間は50分と90分で総額25,000~37,000円ほど。
高級店でも少し奮発すれば遊べるので、リーズナブルな印象です。

ただし、激安や大衆店などでは、指名料などが発生する店もあるので気を付けてください。

大津・雄琴(滋賀)

店のランク プレイ時間 相場(総額)
大衆店 90~120分 15,000~21,000円
中級店 31,000~60,000円
高級店 35,000~90,000円
総額で見ても結構高いので、最初から高級路線で遊びたい人におすすめです。
大津・雄琴エリアはただ高いだけでなく、入浴料とサービス料を合わせた総額の記載をしている店舗が多いです。
美人なソープ嬢とロングで遊ぶのに向いています。

福原(兵庫)

関西で有名なソープ街「福原」は、高級店でも100~120分総額50,000円程度で遊べます。

特に福原は大衆店や中級店でも60分15,000~23,000円ほどで遊べる店もあるので、全体的にリーズナブルです。関西でソープ遊びが好きな男には強い味方です。

金津園(岐阜)

店のランク プレイ時間 相場(総額)
大衆店  90~120分 28,000~41,000円
中級店 32,000~50,000円
高級店 35,000~65,000円
高級ソープエリアといえば、岐阜県にある金津園です。金津園はソープの聖地とも言われています。90~120分のプレイ時間が多く、料金も総額で30,000円が平均といったところ。吉原や堀之内とほぼ変わりません。

中洲(福岡)

店のランク プレイ時間 相場(総額)
大衆店  80~120分 24,000~50,000円
中級店 30,000~57,000円
高級店 40,000~78,000円
金津園よりも全体的に値段が高く感じられますが、中洲のソープランドは150~180分といった超ロングコースがあります。
50,000円程の総額予算で超ロングタイムで遊ぶこともできます。

ただし、大衆店では指名料を取ってることがあるので、オプション料金に気を付けましょう。

辻(沖縄)

中級店がメインで、料金も平均で、
  • 70分 21,000~24,000円
  • 100分 30,000~36,000円
といった総額料金で、高級や大衆といった明確なランクがありません。
リーズナブルな価格なので、はじめてソープで遊ぶ人にもおすすめです。

1件中 1~1件を表示