風俗紀行

匂いフェチとは?楽しむコツやおすすめ風俗店を紹介します!

男なら女性の匂いを嗅いで興奮した経験がある方は多いと思います。

髪の毛の匂い…首筋の匂い…そしてアソコの匂い…なぜ女の子ってあんなに良い匂いがするのか不思議ですよね。

人によっては匂いを嗅いだだけでギンギンになってしまうことも。

でも実はそれはあなたが匂いフェチだからかもしれません。

匂いフェチとは異性の匂いに対して安心感を覚えたり、あるいは性的興奮を覚える嗜好のことです。

男女問わずに存在する嗜好で、特に魅力的な異性やパートナーなどに感じることが多いとされています。

そこでこの記事では「匂いフェチとは?そして匂いフェチの楽しみ方ってどういうものがあるのか?」について詳しく解説してみました。

目次

匂いフェチとは?

匂いフェチとは?
まず匂いフェチとはどのようなものを指すのか?というと、異性の匂いに対して興奮や安心感を感じたりする状態のことを「匂いフェチ」といいます。

実は筆者も匂いフェチなのですが、女性の頭皮や脇、足の匂いを嗅ぐだけでどうしようもないくらい興奮してしまいます。

あるいは体臭だけでなくシャンプーや柔軟剤、香水などを付けている異性に興奮してしまう場合もあります。

男性によっては女性が香水をつけただけでドキドキしてしまったりするくらいなので、匂いフェチにとって匂いの効果は絶大です。

匂い=性的興奮ではない?

ちなみに匂いフェチだからといって性的興奮を覚えるとは限りません。

例えばあなたも経験があるかもしれませんが、彼女が忘れていった帽子や服の匂いを嗅いだことってありますよね。

でも嗅ぐたびに性的興奮を覚えるのか?というとそうではないと思います。

パートナーの匂いは安らぎを覚えるような場合もあり、すべてが性的興奮に結び付くとは限らないのです。

臭いのも好きな人もいる

匂いフェチのもう一つの特徴として「臭いのも好き」という心理があります。

匂いフェチというとお風呂上がりのシャンプーの匂いとか、香水をつけた時の匂いなど、良い匂いを想像するかもしれません。

でも一部には「その人の体臭が好き」という人もいます。

例えば一日中、履いていたパンプスや靴下の匂いなどです。

あるいは汗をかいた頭皮や足の匂いなど、普通の人なら臭いと感じるはずの匂いに興奮を覚えてしまうのです。

ただいずれにせよほぼ共通しているのは「好きな人やパートナーの匂いが好き」ということですね。

これはフェロモンを嗅ぎ取って相性の良い異性を見極める機能の一つとも言われており、良い匂いと感じる人は相性が良いのかもしれません。

匂いフェチになったきっかけ

しかし誰もが最初から匂いフェチになった訳ではありません。

何かのきっかけがあって匂いフェチになったはずです。ではどんなきっかけがあって匂いフェチになったのか?についてまとめてみました。

①初体験がきっかけ

初体験がきっかけなケースです。

例えば初体験で抱きしめあった時に匂いを嗅いで幸福感を感じたり、良い匂いを嗅ぎながらイってしまい、匂いと快感が結びついてしまったなどです。

フェチは快感とセットで刷り込まれることが多いため、匂いを嗅ぎながらイってしまったり、あるいはイカされてしまったなどの体験をすることで匂いに性的興奮を覚えるようになります。

②匂い責めされた

パートナーや風俗嬢などに匂い責めをされたなどがきっかけでフェチが刷り込まれてしまったというケースです。

これは例えば髪の毛の匂いを嗅がされたり、あるいは足の匂いを嗅がされながら手コキをされたなどです。

匂いを嗅ぎながら快感を与えられることで、匂いを嗅ぐだけで思い出すようになってしまうのです。

僕の過去を話すと彼女が頼み事をなんでもしてくれるタイプだったので、おっぱいを顔面に押し付けてもらいながらイカせてもらったことがありました。

汗をかいたおっぱいの匂いを嗅がされながらイカされたことで、しばらくおっぱいを見るだけでギンギンになってしまってました…(笑)

③好きな人が匂いフェチだった

好きな人が匂いフェチだったことで自分も匂いフェチになったというパターンです。

好きな人と一緒にいると趣味趣向が似てくることがあります。

例えば彼女の首筋を嗅ぐのが好きな場合、彼女も匂いを嗅いでくるようになったりします。

あるいは自分の匂いを嗅がれるとお返しに相手の匂いを嗅いだりするなど。好きな人の匂いを嗅ぐクセが移ってしまったパターンは割と多いかもしれませんね。

匂いフェチが興奮する部位

匂いフェチといっても人によって性的興奮を覚える部位は違うと思います。

もちろんどこの匂いでも好きは好きですが、ここでは「特にココがたまらない!」と言われる箇所をご紹介します!

①頭皮の匂い

匂いフェチに意外と人気があるのが頭皮の匂いです。

「髪の毛じゃないの?」と思うかもしれませんが、シャンプーやリンスの付いた髪の毛の匂いではなく、その人の匂いがする頭皮に興奮するのです。

特に仕事終わりなどで汗をかいていたりすると、頭皮から汗や油の匂いがしたりします。

匂いフェチにとって大好きな相手の頭皮の匂いは、想像するだけでたまらなくなるほど好きという人が多いです。

またよく帽子をよく被っている人からすると、頭皮や髪の毛の匂いが染み付いた帽子の匂いを嗅ぎたい!と思うこともあります。

頭の匂いを嗅ぐのは比較的ノーマルな性癖かもしれませんね。

②首元の匂い

首元の匂いを嗅ぎたいという人もいます。

首元の中でも耳の後ろあたりはフェロモンが出ている箇所とも言われていて、なんともたまらない匂いがします。

また首元の匂いをいい匂いと感じる相手は相性が良いと言われているそうな。

生物学的に解説すると、人は「自分と遠い遺伝子を求める」傾向にあるそうです。

自分と遠い遺伝子の相手との子供を生むことでより生命力が強い子孫を残すことができるそうなのです。

それを見分ける手が匂いとされており、これは本能的に遺伝子の相性がいい相手を嗅ぎ分ける手段なのかもしれません。

③下着類の匂い

下着の匂い
女性が履いているパンティやブラジャー、パンストや靴下などに興奮する
匂いフェチです。

例えば一緒に住んでいる彼女が脱いだパンツや靴下の匂いを嗅いだりしたことがある男性は絶対にいるはず!

彼女がいる前でパンツの匂いを嗅ぎながらオナニーなんてしたら、もう大興奮で忘れられないかもしれません。

Mな男性としてはパンツの匂いを嗅ぐのではなく「嗅がされたい」と思うこともあります。

たとえば騎乗位で挿入しながらパンツを鼻に押し付けられたり、パンツの匂いを嗅がされながら強制オナニーさせられたりなど…匂いフェチのドMにとってはたまらないプレイですね。

汗の匂いがたまった下着をいい匂いと思えるのは変態であり、相性が良い証拠でもあります。パートナーが許してくれるなら存分に匂いを嗅ぎましょう。

④脇の匂い

脇の匂い
「かわいい女の子の脇の匂いを嗅ぎたい…」
なんて思ったことがある男性は多いはず。

匂いフェチの中でも比較的ノーマルな性癖が脇の匂いフェチです。

女性は普段、制汗剤や香水を付けていることが多いですが、それらの人工的な匂いではなく体臭が大好きという人も多いです。

それも普段から匂いに気を使っている相手だからこそ、体臭が嗅げることがなお嬉しいのです。

汗の出やすい夏はもちろん、冬場ならジャケットを脱いだ後に汗ばんでいたらもうたまりません!

服を脱いで隠れた脇が現れようものなら、今すぐにでも匂いを嗅ぎたい、舐めたい衝動に駆られるかもしれませんね。

⑤足の匂い

女性の足の匂いに興奮してしまうフェチシズムです。

足の匂いに興奮する人にとっては一日中歩いたブーツの中の匂い、そして足裏の匂いなんて大好物に決まっています。

できることなら足の匂いを嗅ぎながら今すぐシコることを望んでいます。

特に好きなのは普段は清潔にしている人の、汗をかいた足の匂いです。

たまにしか嗅ぐことのできない女の子の足の匂いはなんとしてでも嗅ぎたいことでしょう。

女性の足裏ってそんなに見ることもないですし、匂いを嗅ぐこともあまりないもの。

だからこそテンションが上がるのかもしれませんね。

ただ女の子によってはドン引きされてしまう性癖なので、ある程度変態プレイに慣れてもらってから打ち明けたほうがいいかもしれません。

コツとしては女性を十分に気持ちよくして、イカセてあげた後にお願いすると良いかもしれません。

女性は絶頂を迎えた後は幸福感で満たされて優しくなるので、少々の変態プレイでも受け入れてくれる可能性が高まります。

「自分の要求をする前に相手を満たしてあげる」ということを心掛けてみましょう。

匂いフェチがパートナーセックスを楽しむコツ

もしパートナーセックスなどで匂いフェチプレイを楽しむにはどうすれば良いのか?について、楽しみ方やコツを紹介したいと思います。

①匂いを嗅ぎながら愛撫する(あるいは逆)

匂いを嗅ぎながら愛撫をしてあげましょう。

あなたの匂いフェチを受け入れてもらいたいなら、匂いを嗅ぐだけでなく相手を気持ちよくしてあげることが大切です。

そこで相手の気持ちいい部分を刺激しながら匂いを嗅ぐことで「匂いを嗅がれる=気持ちいい」と思わせることができます。

また匂いを嗅ぐ場所によっては「そこの匂いを嗅がれるのは恥ずかしい」という羞恥心を煽ることもできます。

たとえばアソコの匂いを嗅ぎながら乳首をいじったりしてあげれば、恥ずかしさと気持ちよさと頭がグチャグチャになってしまうでしょう。

恥ずかしいけど気持ちいい…とパートナーに思わせたら、匂いを嗅がれる事自体が好きになっていきますよ。

②匂いを嗅ぎながら挿入する(あるいは逆)

匂いを嗅ぎながら挿入するのもおすすめです。

たとえば正常位や背面座位なら女性のからだが近い部分にあるので匂いが嗅ぎ放題です。

挿入して気持ちいい感覚を与えながら匂いを嗅ぐことで、匂いを嗅がれることが快感になっていきます。

筆者がよくやるのは「匂いを嗅ぐ→愛撫→匂いを嗅ぐ→愛撫」を交互に行うプレイです。

例えば首筋の匂いを嗅いだ後に突然耳を舐めたり、おっぱいの匂いを嗅ぎながら突然乳首を責めたりするなどです。

快感を与えながらすることで匂いを嗅がれることが快感に変わっていきます。

③匂いを嗅ぎながらイかせる(あるいは逆)

匂いを嗅ぎ(がせ)ながらイかせるのもいい方法です。

あるいは相手に匂いフェチをすり込みたいなら匂いを嗅がせながらイカセてあげるのもおすすめ。

絶頂する時は相手にフェチを刷り込む絶好のチャンス。なぜなら最高に気持ちよくて幸せな瞬間に合わせることができるからです。

たとえば正常位ならフェロモンが出ている首筋の匂いを嗅がせながらイカセてあげたりすると、普段から首筋の匂いが好きになったりしてくれます。

匂いフェチが楽しめるおすすめ風俗店

匂いフェチプレイを楽しみたいと思っても、彼女や奥さんにいったらドン引きされそうで怖い…という不安がある方も多いと思います。

特にアブノーマルな足の匂いフェチなどの場合は打ち明けることに抵抗がありますよね。

もし匂いフェチプレイを安心して遊びたいなら風俗がおすすめ!ここからは匂いフェチプレイが楽しめるおすすめ風俗店を紹介します!

①M性感

M性感とは「女性に責められたい!」という欲求を満たすためのM男向け風俗です。

受け身で楽しめるお店なので、Sでエッチな痴女に服従したいという男性がよく利用しています。

M性感とごっちゃになりやすいのがSMクラブですが、M性感はソフト・ハードプレイどちらも選べるのでSMクラブとは別物です。

M性感の特徴は女性からエッチな言葉や命令を受ける「言葉責め」、手コキでイク寸前に何度も止められる「寸止め(射精管理)」、女性が男性の顔の上に跨がる「顔面騎乗」など、女性に上から攻められる内容が中心ということです。

基本的にM性感は女性から責められたいという男性向けなので、ファッションヘルスやデリヘルと違って女性へのお触りは禁止となっています。

もちろん触れることすら禁止というわけではないので、あくまで「女性の許可なく無理やり触ったりするのがダメ」ということです。

自分が利用したときには「ぎゅってしていいよ♡」と許可をもらった時には遠慮なく触れていましたので、あくまで女の子次第です。

M性感を利用するお客さんはそもそもが受け身中心のプレイを望んでいます。

そのため強要プレイをしたり、本番を要求するようなことはほとんどありません。

とあるM性感嬢によるとお客さんは十分な人が多いので、遅刻などもほとんどないそうです。笑

むしろ女性に責められて羞恥心を煽られたり、もどかしさに快感を得るような男性が多いですね。

通常のエッチなら屈辱となるプレイでも、M性感嬢のテクニックによって「ゾクゾク」とした快感に変えられてしまいます。

女の子にフェチや性癖を見抜かれ、上から目線で責められる受け身プレイを味わったら、きっと新たな性癖の扉が開かれるはずです!

②匂いフェチ専門店

匂いフェチ専門店とは「とにかく匂いを味わいたい!」という変態男性のための風俗店です。
  • 仕事帰りのOLの蒸れたアソコ
  • 一日中履きっぱなしのパンスト
  • 真夏に外に出て汗ばんだ脇の下
など、匂いフェチにとって女の子の体臭はたまらないもの。

そんな一般女性には決して言えないような変態プレイでも、匂いフェチ専門店なら大丈夫!

匂いフェチ専門店なら女の子のあらゆる部分の匂いを思う存分嗅げますし、ドン引きされる心配もありません。

またどんな変態性をさらしても外に漏れることはありませんから安心して遊べます。

デリヘルのような素股や尻コキなどのサービスはありませんが、とにかく匂いを満たしたいなら専門店がおすすめです。

③オナクラ

オナクラとは「オナニークラブ」の略で、女の子にオナニーを手伝ってもらえる風俗店です。

というのが建前で実際にはほぼ手コキで抜いてもらえるのでオナクラ=手コキ店と考えて良いです。

もちろんオナニーを見てもらいながら小バカにされたり、言葉責めしてもらうこともできます。

かんたんにまとめると「ちょっとソフトM男向けの手コキ店」みたいな感じですね。

手コキ店というと匂いフェチにとっては物足りないと思うかもしれませんが、実は「匂い嗅ぎ」というオプションが付いているお店が多いので、フェチにとっても楽しめちゃうのです。例えば
  • 顔面騎乗されながら手コキ…
  • 髪の毛の匂いを嗅ぎながら手コキ…
  • 足の匂いを嗅がされながら手コキ…
など女の子の良い匂いを嗅ぎながら扱かれれば、あっという間にイカされちゃうかもしれません。

しかもオナクラはソフトなプレイが多い分、料金の割の可愛い子が多いです。

匂い嗅ぎオプションを使いつつ、手コキの上手い女の子にシゴカれながら思い切り射精しちゃいましょう♫

まとめ

匂いフェチは幅広い趣味趣向がありますが、アブノーマルなフェチとなると一般女性にはなかなか受け入れられづらいもの。

誰にも打ち明けられないような匂いフェチがあるなら、風俗を利用するのがおすすめです。

M性感やオナクラの他、アブノーマルなフェチでも対応してくれる専門店があるため、どんな変態でも安心して楽しめます!

新たな性の扉を開くことができるかもしれませんから、ぜひ選択肢の一つとして風俗で匂いフェチプレイを楽しんでみてくださいね!

1件中 1~1件を表示