風俗紀行

オナニーを我慢するメリット・デメリットや我慢(オナ禁)する方法

「オナニーを我慢(オナ禁)したらこんな効果があった!」なんて記事や動画をたくさん観てやってみようかなと思っているそこのあなたへ。

しかしいざオナニーを我慢しようと思っても途中で挫折してリセットしてしまう、なんてこともあります。

何を隠そう、僕も何度もオナ禁をしようとして何度も挫折しています。

ある時はAVを観て、ある時は彼女とのセックスをきっかけに…いつしかオナ禁をするという目標すら忘れてるんですよね(笑)

しかしオナ禁を一定期間続けてみると、良い点もたくさんありました。その体験も含め、オナ禁のメリット・デメリットやオナニーを我慢する方法まで詳しく解説していきます。

目次

オナニーを我慢(オナ禁)するメリット

オナニーを我慢するメリット
「オナニーを我慢すると良いことがあるのか?」というと、結論から言えばYESなのですが、具体的にはこんなメリットがあります。

①セックス時の興奮が高まる

オナニーを我慢しているとセックス時の興奮は明らかに高まります。

オナニーをするのが日常になっている人はおそらく毎日のようにしていると思います。

毎日1回の人もいいれば2~3回する人もいるでしょう。筆者である僕も普段は毎日2回、多い時は3~4回しています。

学生の頃は5~6回なんて日もありました。

たまに友達の家に泊まって2日ほどオナニーができなかったときの溜まりようといったらすごいもので、道を歩く女の子がほぼ全員可愛く見えるほどでした(笑)

それだけオナニーをしている人が数日間、オナ禁をするだけでもセックス時の興奮は普段と比べ物にならないくらい高まるでしょう。

自分もオナニーを4日ほど我慢してから彼女とエッチをする時は、興奮しすぎてずっと呼吸が荒い状態のまま襲いかかりました。でも彼女的には好きな人が自分のからだで興奮してくれるのは嬉しいとのことだったので、その日は大満足なプレイになりましたね。

②快感が増す

セックス時の快感が増すことが考えられます。

オナニーをする時に自分の手で扱きますが、あまりやりすぎると刺激に耐性が付いてしまいます。

強い刺激に慣れてくると膣の中や女の子の手の刺激が弱く感じ、快感が得にくくなってしまいます。

オナニーの刺激がなくなることで竿が本来の感度を取り戻し、感じやすくなるメリットがあります。セックスにおいて相手が感じてくれたら自分も興奮しますよね。快感が強くなることでその日のセックスが盛り上がる要因になります。

③遅漏の改善につながる

遅漏の改善につながることもあります。

遅漏になる原因は様々ですが、一つの要因として強い刺激を与えすぎていることもあります。

長期間オナニーをし続けていると、ついつい強く握ってしまったり、色んな刺激を与えてしまったりして刺激に慣れてしまいます。

そして強い刺激に慣れてしまうと弱い刺激ではイキづらくなってしまうのです。

遅漏を改善するための一つの方法は、自分の手での刺激を断つことです。あえて自分の手で刺激しないことで感度が増し、結果的に遅漏の改善につながるというわけです。

④疲れにくくなる

オナニーを我慢することで体力的に疲れにくくなるというメリットがあります。

オナニーを我慢していると精力が常に溜まっていくため、疲れを感じにくくなります。

オナニーって意外と疲れるんですよね。

男性ならわかるかと思いますが、セックスやオナニーで射精した後ってグッタリするはずです。

まるで全力疾走をした後のようなグッタリした感覚が襲ってきて一気に疲れてしまいます。

またオナニーをし過ぎると寝起きがだるかったり、仕事をする気力がわかなくなったりすることもあります。でもオナニーを我慢していると常に精力が満タンなため、疲れにくかったり、寝起きがスッキリ起きられたりします。

⑤積極的になる

オナ禁することで積極的になる傾向があります。

男なら積極的でありたいですよね。

優しい男が好きなんて言う女性もいますが、時には優しさよりも積極性の方が大事なことがあります。

しかしオナニーをし過ぎると精力、体力ともに落ちてしまい、積極性が出にくくなることが多いです。

またAVやエロゲ、エロ漫画などに出てくる女性を見てオナニーばかりしていると、ついつい女性を神々しい存在として見てしまいがちです。

つまり一方的に女の子をオカズにしてオナニーをすればするほど積極性は下がってしまうのです。オナニーを我慢すると射精をする手段は生身の女性を捕まえるしかないため、積極性が上がると考えられます。

⑥女性と過ごすのが楽しくなる

これは筆者の体験ですが、オナニーを我慢することで女性と過ごすのが楽しくなります。

オナニーをする男性って大体の人はAVを見ているかと思います。しかもAVを見る時は自分の性癖に刺さる動画ばかりを見ているはずです。

自分の性癖に刺さる動画を見てオナニーする日々を過ごしているとどうなるか?というと、一般女性とデートをしたりセックスをすることが楽しく感じられなくなるのです。

それはそうですよね、オナニーで大体の性欲処理をしてしまってるんですから。

でもオナ禁を始めると、毎日のように見ていたAVを観なくなりますよね。

AVを観なくなると性欲処理の手段がなくなり、欲求は溜まる一方。

そして性欲が溜まってくると、途端に自分の周りにいる女性が魅力的に見えてくるのです。自分の周りが魅力的な女性ばかりだったらそれはそれは楽しいですよね。オナ禁することで、あなたの周りの女性が魅力的に感じるようになります。

⑦時間が増える

オナニーをやめることで一日に使える時間が増えることが考えられます。

オナニーってネットサーフィンをして動画を見漁っている時間や実際に手で扱いている時間を含めると10分~1時間程度と言われています。

筆者の場合は1回30分で、多い時は毎日2回~3回ほどオナニーをしていたので1時間~1時間半はオナニーに使っていることになります。

1ヶ月で見ると30時間~45時間と、恐ろしいほどの時間を無駄にしていることがわかりますね。

しかもオナニー後はだいたいグッタリしているので、賢者タイムを含めると消費時間はもっと多いかもしれません。オナ禁をすればオナニーに費やしていた時間がすべて浮き、有益な時間の使い方ができるようになります。

オナニーを我慢(オナ禁)するデメリット

オナニーを我慢するのはメリットばかりではありません。

むしろオナ禁をすることによってマイナスになることもあります。ここからはオナニーを我慢するデメリットについて挙げていきましょう。

①期間が長すぎると意欲が低下する

オナ禁の期間が長すぎると意欲が低下するという説もあります。

この現象には男性ホルモンであるテストステロンが関係しているとされています。

テストステロンは肉体や骨格、体毛、メンタルの安定など、男性にとって必要不可欠なホルモンです。

筋トレをしている人って仕事に対して意欲的だったり、行動力がある人が多いですが、これはテストステロンが関係しているかもしれません。

テストステロンは筋トレをすることで増加たり、あるいはオナ禁でも効果があるとされています。

しかしとある研究データでは、オナ禁から一週間経つとテストステロンが増加するが、それ以降はテストステロン値は元に戻るそうです。また長期間のオナ禁をすると意欲が低下するという声もあり、まったく射精をしないまま長期間オナニーをしないのは危険かもしれません。

②ストレスが溜まる

オナニーを我慢することでストレスが溜まってしまう可能性もあります。

何事も我慢するってストレスですよね。

食事を我慢する。Youtubeを我慢する。お酒を我慢する。

やはり我慢するとはストレスが溜まるものです。

ただオナ禁の場合はストレスと言っても八つ当たりなどではなく、ムラムラし過ぎて女性ばかり見てしまうなどです。

常に「ハアハア」と興奮しやすくなってしまい、すぐに股間が熱くなります。

性欲が溜まっていると、周りにいる女性が途端に魅力的に感じてきます。

道端のOL、ギャル、JK、女子大生などいろんな女の子が可愛くてエロい存在に思えてくるのです。オナ禁をするにはそれら女性の誘惑にも打ち勝たねばならないため、我慢している期間はストレスが溜まるでしょう。

③失敗するとネガティブになる可能性も

オナ禁は失敗すると「またやっちまった…」とネガティブになる恐れがあります。

「今度こそ!」と思ってオナニーを我慢してみるものの、2日目、3日目になるとムラムラが止まらずついついAVを見てしまい、気づけばシゴいて溜まっていた精液を出してしまう…。

そうして完全にタガが外れてしまい2~3回射精して終了してしまった経験はされしもあるはずです。

人は失敗をするとネガティブになりますから、何度も挑戦して何度も挫折している内にどんどん自己嫌悪に陥ってしまうのです。性欲は食欲、睡眠欲と同じ三大欲求の一つですので我慢するのはそれだけ難しいでしょう。

オナニーを我慢(オナ禁)する方法

オナニーを我慢する方法
「それでもオナニーを我慢したい!オナ禁で人生を変えたい!」
という気合の入った人もいると思います。

もちろんオナ禁をしたからといって人生が変わるとは限りませんが、自制心を持って一つの目標を達成することで見えてくるものもあると思います。

ここからはオナニーを実際に我慢する方法について詳しく書いていきます。

①AV等を断つ

最もおすすめの方法はアダルトコンテンツを徹底的に省くことです。

アダルトコンテンツとは例えばAV、同人、エロゲなどのR18モノのことですね。

本気で我慢したいならAV関連のアカウントをすべて削除してしまうのがおすすめです。もちろんアカウントを削除したってもう一度作れてしまうし、アカウントがなくても視聴できる海賊版のアダルトサイトなどもあります。

が、やらないよりはマシです。

さすがに自分で検索してしまう行動は防げませんが、本気でオナ禁がしたいなら今の手持ちのアダルトサイトのアカウントは消してしまうのもいいでしょう。

ただしアカウントを削除すると二度と元に戻せないこともあるので、要注意の上で実行してくださいね。

②スマホやPCをそばに置かない

なるべくスマホやパソコンをそばに置かないようにしましょう。

スマホやパソコンが近くにあるとついついAVを見ようとしてしまいます。

筆者の経験からお伝えすると、一度スマホやパソコンでAVを検索し始めたら絶対に射精するまで止まりません。

かならずや好みのコンテンツを探してズボンを脱ぎ、しごき始めるでしょう。途中で止めるなんて決して不可能。

男が興奮して勃起したモノを何もせずに収めるなんて出来やしないのです。

男が性欲をコントロールするためには、ムラムラする元になるものをできるだけ見ないようにするのが良いです。スマホやパソコンを別の部屋に置いておくことでアダルトコンテンツの元を遮断できるでしょう。

③疲れるまで運動する

ムラムラしてくる前に疲れるまで運動するのがおすすめです。

汗をかいて疲労を感じるほどの筋トレや運動をすることでオナニーの衝動を抑えることができます。

オナニーを我慢していると、どうしてもムラムラは防ぎようがありません。

そこで自分の手で扱いてしまいそうになる感覚をグッとこらえて、運動することでムラムラをある程度抑えることができます。特にハードな筋トレや無酸素運動(HIITなど)をすると強い疲労感によって抑えることができるでしょう。

④熱めのお風呂に入る(浸かる)

オナニーの衝動が来る前に熱めのお風呂に浸かってみるのもおすすめです。

また少し長めに入ることによって、より性欲を抑えることができます。

サウナや温泉などに長く入っていたら、いまいち性欲が沸かなかった…なんて経験ないですか?

実は熱めのお風呂に入ると精巣付近の温度があがるため、性欲を抑え込む効果があります。

頻繁に長めに入ると性欲自体が減退してしまう恐れがありますが、どうしても我慢できない時に熱めのお風呂に入ることでオナ禁を継続できるかもしれません。オナ禁の継続がつらい時にだけ試すなどルールを決めたうえでやってみてください。

⑤生活習慣を改善する

根本的な方法としては生活習慣を改善しましょう。

生活習慣とは食事や運動、規則正しい睡眠などを心がけることです。

自己管理はすべて繋がっているため、一部だけを矯正しようとしても上手くいかないことが多いです。

例えば寝不足になると思考力や自制心が落ちてしまい、暴飲暴食をしやすくなります。

そして暴飲暴食をするとメンタルが乱れやすくなり、更に自制心が低下して、オナ禁の継続も難しいです。

ただいくら生活習慣を改善するといっても一気に変えるのは難しいので、最も効果がありそうな部分から始めてみましょう。

特に睡眠不足になると判断力が落ちやすいため、一定時間以上確保したほうが良いでしょう。一つずつ、できる範囲のことから始めてみましょう。

オナニーは何日我慢すべき?

「オナニーは何日くらい我慢すべきなのか?」という疑問にお答えします。

一般的に一度、精液が放出されると元の状態に戻るまで3~4日程度かかるとされています。

またオナ禁をする期間は長ければ良いというわけではなく、むしろ長すぎると逆効果になる場合もあります。

とある話では1ヶ月ほど禁欲をした男性の精液を検査したところ、自然の性交渉では妊娠が難しいという結果に。

その後、オナ禁の期間を1週間程度に減らしたところ正常な数値になっていたそうです。

オナ禁の期間が長すぎると古い精子が溜まってしまうので良くないとされています。
精液が溜まる期間を考えると、オナ禁は4日から1週間程度が適切と言えるかもしれません。

【まとめ】気軽に挑戦してみよう

オナニーを我慢するメリット・デメリットやオナ禁する方法について解説をしました。

オナ禁をしたいと思ってるけど本当に効果があるのか?という疑問もあるかと思いますので、筆者の個人的な体験も踏まえて書いてみました。

オナ禁は個人差はありつつも、意欲が向上したり、手での刺激をやめることによって快感が増すなどの声も多くあります。

筆者の体験ではオナ禁をした後のセックスは、普段オナニーをしているよりも遥かに気持ちよくて癖になってしまいそうです(笑)

またオナニーを我慢することで、他のことに使える時間ができますし、筋トレなど自分を磨くことに使えばより魅力的なオトコになることもできます。

もちろんオナ禁をするもしないも、辞めるも自由ですからまずは気軽に取り組んでみてより良いオナニー&セックスライフを楽しんで見てくださいね。

オナニーを我慢するのも、我慢しないのも、ご自身の欲求と生活を考え合わせて判断し、いつもイキイキと輝いていられる自分でいましょう。  

1件中 1~1件を表示