風俗紀行

デリヘルのホテルへの呼び方(ラブホ・ビジネスホテル別に解説)

デリヘルのホテル(ラブホテル・ビジネスホテル)への呼び方について解説します。
デリヘルって利用方法やホテルを呼ぶ流れが記載されてないことが多く、初心者にとっては迷いやすいですよね。

そこでこの記事では

  • デリヘルって全てのホテルに呼べるの?
  • デリヘルをホテルに呼ぶ詳しい手順って?
などについて詳しく書いていきます。

目次

【初めての方へ】デリヘルってホテルに呼べるのか?

【初めての方へ】デリヘルってホテルに呼べるの?
まずデリヘルってそもそもどのホテルでも呼べるのか?という疑問点ですが、基本的にはラブホテルなら呼ぶことができます。

僕も都心(池袋・新宿)でデリヘルを数回利用したことがありますが、原則ラブホならどこでも呼べますという感じでした。

ビジネスホテルやシティホテルは地域はお店の種類によってまちまちで、呼べる・呼べないはお店の判断になってますね。
「ラブホなら原則OK」で覚えておけば良いです。

ラブホは一人で入室できない場合がある

ラブホの場合一人で入室しようとすると断られることもあります。

一人で入室をしたお客さんに不幸が起きてしまう事例があるため、原則二人組でないと利用できないことがあるのです。

その場合は「女の子と待ち合わせしてるのでまず一人で入室したい」と言えば対応してたりします。

待ち合わせを伝えても入室を断られたら、とりあえず部屋だけ予約で抑えて、受付前で待機してデリ嬢と待ち合わせ→入室の流れにすると良いでしょう。

ビジネスホテルはお店や地域による

じゃあビジネスホテルってデリヘル呼べるのか?というと、ホテルによって大きく異なります。

シティホテルやビジネスホテルではブランドイメージ上、使えないことも多いので確実にデリヘルを呼ぶならラブホテルがおすすめですね。

デリヘルのホテルの呼び方

では実際にデリヘルをホテルに呼ぶ流れを解説します。

ラブホテル、ビジネスホテル別に解説しているのでそれぞれ参考にしてください。

【ラブホ編】デリヘルの呼び方

まずラブホテルのデリヘルの呼び方を解説します。

大まかな手順を書くと
  1. ラブホの部屋を決める
  2. 利用時間を決める
  3. デリヘルに電話
  4. ホテルに向かう
  5. 部屋番号を伝える
  6. 入り口で待ち合わせする
  7. 料金を払ってプレイ開始
となります。

1.部屋を決める

まずはラブホの部屋を決めましょう。

ラブホの部屋を選ぶ上で大切な要素は
  • 浴室の広さ
  • 部屋の広さ
  • アメニティの充実度
などです。

また内装も少しグレードを上げるとおしゃれで異世界感のある部屋が取れます。

デリヘル嬢のテンションはサービスの質に直結しますから、ラブホ選びは割と重要です。
「この人、他のお客さんと違う!!」と思わせる上でもラブホは何箇所かチェックしてみるといいですよ。

2.ラブホの利用時間を決める

ラブホの利用時間を決めましょう。

利用時間の目安は
  • プレイ時間+60分
くらいにしておけば良いでしょう。

例えば60分コースだったら120分の休憩を取るようにします。

デリヘル嬢が大遅刻でもしない限り60分以上伸びることはないですから、コース+60分で問題ありません。
ちなみにこの時点では予約を確定していなくても大丈夫です。

3.デリヘルに電話をかける

ラブホと部屋が決まったらデリヘル店に電話をかけましょう。

デリヘル店に電話をかけると
  • 予約時間
  • コースとプレイ時間
  • オプションの有無
  • 指名の有無
  • ホテル名
など、スタッフから色々聞かれますので順番に答えましょう。

心者で何もわからない場合でも丁寧に案内してくれるので安心して電話してくださいね。

4.ホテルに向かう

予約が確定したらラブホに向かいます。

そしてラブホに到着したら受付でお金を払って入室します。

一人で部屋に入室するのがダメなラブホなら、「10分後に待ち合わせしてます」と伝えてみてください。

5.部屋番号を伝える

ホテルの部屋に着いたらホテル名と部屋番号を伝えます。

あとはデリヘル嬢が来るまでドキドキワクワクしながら待ちましょう。
部屋番号を伝えてからデリヘルが来るまでの時間が一番楽しいかもしれません。笑

6.入り口で待ち合わせする(こともできる)

ちなみに入り口で待ち合わせの場合は事前に伝えておくと可能な場合もあるので、自分の特徴と詳しい場所を伝えておきましょう。

ラブホに入ってすぐ左側のソファーに座ってます。ジーパンに白いTシャツです。」と伝えれば女の子から話しかけてくれますよ。

待ち合わせ好きなお客さんもいるくらいで、腕を組みながら部屋に向かうのが興奮するそうですね。
ぜひ好きな方はチャレンジしてみて下さい。

ここまでがデリヘルをラブホに呼ぶ流れになります。

7.料金を払ってプレイ開始

部屋に着いたらコース料金を支払ってからプレイ開始となります。

ちなみに料金の支払いはほぼ現金で、領収書が出せる場合もありますので必要だったら伝えてみましょう。

【ビジネスホテル編】デリヘルの呼び方

次はビジネスホテルにデリヘルを呼ぶときの流れについて解説します。

ラブホとは違う面もあるので、もし宿泊ついでに利用する場合は注意点を抑えつつ呼んでみましょう。

【注意】入り口で止められる可能性がある

まずビジネスホテルでデリヘルを呼んだ場合、入り口で止められる可能性があります。

「ビジネスホテル名 デリヘル」と検索すると「使えるよ!」などのネット情報が出て来たのに蓋を空けてみたら使えなかったなんてケースもあるのです。

ネット情報でOKと言われていてもホテル側が突如ダメになったら使えなくなりますからね。
ビジネスホテル全般でありえるトラブルなので覚えておきましょう。

1.デリヘル可能か確認する

まあビジネスホテルはそもそもデリヘルを呼べない可能性が高いと思いつつ呼びたいなら、デリヘル可能かどうかを確認しましょう。

例えばよくある言い訳が「出張マッサージを呼びたいんですが可能ですか?」と受付に聞くパターン。

さすがに「デリヘル呼べますか?」だと断るしかないですが、出張マッサージでも察してくれることが多いです。
ネット情報だけでなく、受付でも確認しておくことが重要です。

いずれもダメな場合は風俗全般NGなので諦めてラブホを別途使うしかないでしょう。

2.デリヘル店に電話をする

デリヘル(というか出張マッサージ)が可能なことを確認したらデリヘル店に電話をしましょう。

デリヘル店に電話をすると
  • 予約時間
  • コースとプレイ時間
  • オプションの有無
  • 指名の有無
  • ホテル名
  • 部屋番号
  • 待ち合わせ場所
などを聞かれますので順番に答えればOKです。

何もわからなくても男性スタッフが丁寧に案内してくれるので安心です。
結局ビジネスホテルに呼べない場合でもキャンセル料は100%かかってしまうので注意して下さい。

もしプレイしたい場合は近隣のラブホを休憩で予約するなどした方がいいですよ。

3.待ち合わせをして入室

デリヘル嬢が来たら待ち合わせをして一緒に入室しましょう。

ビジネスホテルの場合、カードキーを使わないとホテルに入れなかったり、エレベーターが使えなかったりするのでホテルの入り口あたりで待ち合わせをするのが良いです。

4.料金を払ってプレイ開始

部屋に到着したらデリヘル嬢にお金を払ってプレイ開始となります。

ここまでくれば安心ですね。

ただしホテルによってチェックアウト時に二人分の請求をされる場合があります。
その場合は大人しく二人分の料金を払っておくのが無難です。

揉めたら二度とデリヘル利用ができなくなる可能性が高いですからね。

1件中 1~1件を表示