風俗紀行

童貞にソープに行く前に準備すること

童貞が初めてソープに行く際には何を準備しておけばいいのか?という疑問にお答えします。

童貞卒業の為にソープに行くんだけど、右も左もわからない状態だとかなり不安ですよね。
一体童貞の初ソープでは何を心がけておくべきなのか?詳しく書いていきます。

目次

童貞がソープに行くための準備

童貞がソープに行くための準備
では童貞がソープに行くためにはどういう準備や心がけをしておけばいいのか?について考えていきましょう。

①料金の仕組みを理解しておく

まずソープを初めて利用する際に知っておきたいのが料金システムです。
実はソープの料金システムって他の風俗店とは違って、二回に分けて支払い仕組みになっているのです。

詳しくは以下の表を見てください。
  料金・相場 名目
入浴料
  • 格安:~1万円
  • 大衆:~2万円
  • 高級:5万円~
お風呂に入るための料金
サービス料 入浴料と同じ ソープ嬢にサービスしてもらうための料金
総額
  • 格安:~2万円
  • 大衆:~4万円
  • 高級:5万円~
お店+ソープ嬢に払う料金
ソープと風俗店の最大の違いとしては「ソープは風俗店ではない」ということ。

正確にはソープは特殊浴場と言われるお風呂なのです。
  • ソープ店:入浴料
  • ソープ嬢:サービス料
という2つの名目に分け、「ソープ嬢にお風呂でサービスしてもらってる内になんだかお互いに好きになり、自由恋愛をしてしまう…」という設定になわけです。

そのためお店のホームページに記載されているのは「入浴料のみ」なため、その倍の費用がかかると思っておきましょう。

ソープの総額は電話で確認可能

ちなみに詳しいソープの料金(総額)が知りたい場合はお店に電話すれば確認できます。

「まだ予約するかは決まってないんですが、そちらの料金総額っていくらになりますか?」と聞けば丁寧に答えてくれますよ。

逆に雑な電話対応をされたらそのお店自体が地雷の可能性があるのでやめた方がいいです。

良いソープ店の対応はすごく丁寧ですから遠慮せずに電話しちゃいましょう。

②考えすぎないことが重要

まずは大前提としてソープに行くことについて深く考えすぎないことが重要です!

なぜならあなたが童貞であるという事実はソープ店や嬢にとっては重要ではないからです。

童貞であるあなたにとって、自分が童貞であることはとても重要な事実で、恥ずかしくて目をそむけたいくらいの感覚だと思います。

童貞ってだけでなんとなく男としての格が低いと感じてしまいますからね。
僕も童貞の時はなんとなくヤリチンに負けているような気分でした。笑

でも実は店側にとってはお客さんが童貞というのは「あ、童貞なんだ」とか「次のお客さん童貞なので~ちゃんよろしくね」くらいのもんです。

童貞という事実を恥ずかしがってるのは自分だけで、お店側は「童貞なんだ(ッケロ)」くらいのスタンスということ。
見下したり、バカにしたりすることは決してないので考えすぎるのはやめましょう。

③お店の口コミを必ず見る

童貞であることは決して恥ずかしくないですが、そんなことを言ってもやはり童貞卒業の日を失敗には終わらせたくないもの。

初ソープを失敗に終わらせないためには情報を調べることが必須です。

特にお店のホームページや掲示板の口コミは必ずチェックしましょう。

お店のホームページはリアルな口コミもありますが、ソープ嬢が傷つくような悪評などは公開していない可能性があるので、掲示板(爆サイなど)の口コミも調べるのがおすすめです。

基本的には「色んな嬢の口コミが多い=人気店」という可能性が高いので、評判のいいお店を調べるのは難しくないはずです。
過疎店は口コミが異様に少なかったりするので注意が必要です。

④好みのソープ嬢を見つける

好みのソープ嬢を見つけましょう。好みの子を見つけるには写メ日記がおすすめです。

写メ日記には実物に近い顔やスタイルが写されているので好みのソープ嬢を見つけるのにうってつけです。

また日記の中で得意なプレイスタイルやシチュエーションなどを書いてくれてる嬢もいるので、好みのプレイスタイルの女の子を見つけるのに役立つはずです。
ぜひドストライクゾーンな女の子を見つけちゃってくださいね。

⑤必ず予約をする

ソープに初めて行くなら当日、前日問わず予約をしましょう。

ソープは飛び込みでも利用可能ですが、予約をしないと人気嬢がすべて埋まってしまっていることが多いです。

せっかく童貞卒業のためにソープに行くのに、人気のない嬢に当たってしまったら微妙な気持ちで終えてしまいます。
そして不満足なあなたが次に行くのは・・・次なるソープ、なんてことになったらお金がめちゃめちゃかかります。

失敗しないためには必ず予約をしてから利用するようにしましょう。

⑥童貞であることを伝える

お店を予約する際に伝えておきたいのが「童貞なんですけど」と堂々と伝えることです。

童貞であることを伝えることで、お店側が配慮した上で女の子を案内してくれます。

童貞であることをバレたくない人もいると思いますが、どうせソープ嬢と対面したら絶対にバレます。
そして童貞である事実をひた隠しにする方がやりにくいのです。

逆に童貞であることを最初に伝えておけば、童貞が得意な女の子が付いたり、童貞であることを踏まえてプレイを組み立ててくれます。
相手はプロですから事前情報が多いほうが助かるもの。

童貞だと伝えるのは少し勇気がいるかもしれませんが、打ち明けてしまった方がのちのプレイを思い切り楽しめますよ。

⑦コース時間は少々長めに取っておく

コース時間はどれくらいにすればいいのか?というと、満足度の高いお店や女の子とプレイするならある程度長いコースがおすすめです。

ただ長すぎるとプレイ時間が余ったしまったり、会話が苦手な人はネタに困ってしまうので
  • 70~90分
くらいにしてある程度ゆったりプレイを楽しむのがおすすめです。

一部のネット掲示板では「ショートコースなら失敗してもダメージ少ないから短いコースでやれ」という意見もありますが、童貞にとっては最初の一発目は非常に重要です。お店と女の子をしっかり選んである程度ゆったりとプレイした方が良いと思います。

⑧好きなプレイやオプションを付ける

せっかくですから自分がしたいプレイやオプションを付けて思いっきり楽しみましょう。

ソープではある程度のプレイは何でもできますから、嬢としたいことや長くプレイして欲しいことがあればリクエストしたほうがいいです。

僕の風俗の経験では中途半端にケチると逆に不満足で他のソープをはしごしてしまうなんて可能性があります。

理想としては「ああ、めちゃくちゃよかった…月イチくらいで通おうかな」と思うくらいがちょうどいいです。

満足度が高いほうが頻繁に通う確率って減りますからね(依存症防止)。

安いソープは満足感が低くて頻繁に通うことになりかねませんから、ある程度のランクのお店で満足感の高いプレイをするのがおすすめです。

⑨ソープ嬢に身を任せよう

ソープのプレイ中に心がけたいのはソープ嬢に身を任せるということです。

ソープ嬢はエッチ専門のプロですから、こちらが受け身でも気持ちよくなれるようにリードしてくれます。

特に人気嬢は盛り上げ方や演技も一級品なので、僕らの興奮が最高潮に達するよう導いてくれます

ソープに限らずヘルスでもオナクラでもこちらが先に要望を伝えれば、あとは気持ちよくなるように導いてくれるんですよね。

童貞でも童貞でなくてもバッチリリードしてくれるので、無理して攻めようとしなくても大丈夫です。

むしろ無理して下手なプレイで盛り下げてしまうとまた盛り上げるのが大変になりますから、ソープ嬢に身を任せてリアクション芸人に徹したほうが気持ちよくなれますよ。

1件中 1~1件を表示